So-net無料ブログ作成

中華バイクのエンジンが・・・ [バイクライフ]

掛かりません。
折角、バッテリーを新調したばかりなのに、キーONしても、カチッと音がするだけでエンジンが起動しません。
バッテリーを購入する際に、寿命が切れてセルが回らないと早合点し過ぎたようです。
遅ればせながら、起動する際の電圧を測定したところ、電源ON状態で12.8V,セルONで12.6V。
どうやらセルに電気が殆ど流れていないのかも・・・たまたま、セルが回ってエンジンが起動した瞬間、11.5Vから14.2Vへと変化しました。
どうやら、スターターリレーか、セルモーター本体の問題のようです。
と言うことで、とりあえずスターターリレーを交換しました。
中華バイクなのでメーカーも型式も分かりませんが、画像を見て同じような物をネットで購入しました。
CIMG7613.JPG
CIMG7610.JPG
実際に取り付けてみたところ、コネクターも同じで、まさにポン付けでOKでした。
CIMG7615.JPG
 多分、汎用のスターターリレーとして発売されている物が中国製みたいなので、中華バイクでも同じパーツを採用しているんでしょうね。
結果として、エンジン起動できるようになりました。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。