So-net無料ブログ作成

高倉健さんのご冥福をお祈りいたします。 [よもやま話]

車の話とは全く関係ありませんが、高倉健さんの訃報から、そろそろ1週間が過ぎようとしていますが、この間、どこのTV局でも追悼番組を特集していました。いあ~それだけ、健さんという俳優が偉大だったってことですね。

ken001.jpg

同郷(福岡県出身)の者として、残念でなりません。

数日前、某TV局で放送された健さん最後の主演作品「あなた」は、上映された際に近所の映画館で鑑賞しましたが、今回改めて鑑賞し、感動しましたね。

子供の頃から映画少年でしたので、東映時代劇は殆ど観てました(実は当時、実家が商店を営んでおり、映画館にCM看板を出していたので、顔パスで入館してました)。

と言うことで、当時(昭和30年代)の東映時代劇といえば、片岡知恵蔵や市川歌右衛門、嵐勘十郎といった大御所スターから、中村錦之助や大川橋蔵などの若手スターが脚光を浴びていた時代ですが、高倉健さんはチョイ役で出るくらいで、殆ど無名に近かったような気がしますが、一躍脚光を浴びたのは、何といっても昭和39年から始まった、仁侠映画シリーズですね。「日本侠客伝」と「網走番外地」は主題歌も流行し一世風靡しましたね。

個人的には同じ福岡県民として健さんも好きでしたが、競演者の鶴田浩二や藤純子も好きでしたね。フジく~ん、可愛かったね。

石原裕次郎や美空ひばり等、いつまでも語り継がれる国民的な俳優もいますが、この歳まで主演俳優として役者業を全うした人は他にいないのではと思います。

高倉健さんのご冥福をお祈りいたします。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0