So-net無料ブログ作成

マイカーの歴史番外編Ⅱ-2(RX7) [マイカーの歴史]

ハチロクの次はRX7の2代目FCです。以前、乗っていたSA22(初代RX7)を十分に堪能できないまま手放してしまったという思いもあって、ロータリーフィーリングよ今一度との思いからオークションで手に入れました。

 fc.jpg

1990年(H2年)のマイナーチェンジした後のFCですが、購入時、既に15年過ぎていましたが走行距離は3万キロと奇跡的なほどの低走行車でした。
前オーナーがセカンドカーとして保有していた車で、車庫で眠っている時間が長かった様です。
13BのNAエンジンですが、さすがにモーターライクなロータリーフィーリングは一度味わったら忘れられない感覚です。

そういえば、行きつけの歯科医院の先生から、FCを見て、「昔、学生時代に、86を買おうか、FCを買おうか、迷いましたが、結局、86を買いました。もちろん中古ですが。」という話を聞かされましたが、前回紹介した86と今回紹介したFCは、スポーツマインドを手軽に味わえる車の代表格だと思います。 

fc31.jpg

  ちなみに、当時は装備されていなかった、ウィングに「LEDのストップランプ」を埋め込みましたよ。

 今では、当然の様に装備されている「ハイマウントストップランプ」ですが、いつごろ採用されたんでしょうね?


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

かっちん

こんばんは。
ロータリーエンジン車は不幸なことに1度しか乗ったこと(助手席)ありません。
初代のRX7でしたけど、確かバイクのように気持ちよくエンジン回ったような。
ロータリーエンジン、一度味わったらクセになっちゃうんでしょうね。

ハイマウントストップランプ、確かにいつ頃からだったでしょうか。
確かカローラワゴン(カロゴン)には標準で付いてました。
もう15年以上前にはあったと思います。
by かっちん (2014-02-05 18:31) 

cosmo1967

モーターライクな吹き上がりは、ロータリーエンジン独特な感触だと思います。
但し、減速時(エンジンブレーキ)の頼りなさやトルク不足感は否めないですし、このモーター的な感触が好きか嫌いか、意見が分かれるところですね。
個人的には、僅か1200cc弱で、これだけの能力を発揮するメカニズムに驚嘆しましたよ。
by cosmo1967 (2014-02-05 22:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0