So-net無料ブログ作成

マイカーの歴史番外編2(スバル360) [マイカーの歴史]

戦闘機「隼」を製造した中島飛行機が富士産業(現在の富士重工業)と改名し、1958年(昭和33年)に発売したのがスバル360です。

subaru.JPG 


強制空冷2ストエンジンのRR駆動で、フォルクスワーゲンの日本版ともいえるモノコックボディーは、魅力的な車でした。
当時、親父が富士産業製造のラビットスクーターに乗っていましたので、スバル360発表の時に案内状が来て親父と一緒に工場に行き、試乗させてもらいましたが、爽快な気分でした。
結局、親父は商売を営んでいましたのでスバルではなく、愛知機械のコニーを購入したのですが、その後、小学校の校長先生がスバルを購入しましたので、登下校時に職員室の片隅に駐車しているスバルを毎日眺めていましたが、それから10年以上も生産された息の長い車でした。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0